スポーツ バドミントン

奥原希望の腕のあざは何?バドミントンが原因?

奥原希望腕アザ

プロバドミントン選手の奥原希望選手の腕のあざがひどいと話題になっています。

東京オリンピックに出場した際、TV中継をされたことにより奥原希望選手の腕のあざがひどい!怪我?病気?DV?と話題になったようです。

奥原希望選手の腕のあざはそんなにひどいのでしょうか?

今回は奥原希望選手の腕のあざについて解説・紹介していきます。

奥原希望の腕のあざ

奥原希望選手の腕のあざはどれくらいひどいものなのでしょうか?

確認してみましょう!

確かに、まるいあざが複数できていて重なっています。

見ている側も痛々しく感じてしまいます。

こんなにひどいあざができてバドミントン競技に支障はないのでしょうか?

また、このあざの原因は怪我が原因なのでしょうか?

恋人からのDVが原因なのでしょうか?

奥原希望の腕のあざの原因

奥原希望選手にできているこのあざですが原因は何なのでしょうか?

調べてみると、このあざの原因は、とある治療の後にできるものが原因ということがわかりました。

その治療とは吸い玉(カッピング)と呼ばれる治療法のようです。

吸い玉(カッピング)

https://twitter.com/aozoraonpu/status/1422493040233512964

吸い玉(カッピング)とは中国に古くから伝わる伝統医学(治療法)のようです。

カッピングの効果は

  • 血行が良くなり老廃物を取り除いてくれる
  • ニキビや首の痛みに効く
  • 頭痛、腰痛に効果がある
  • 帯状疱疹に効果がある

と言われています。

奥原選手はアスリートなので腰痛などに悩まされていたのではないでしょうか?

その治療として吸い玉(カッピング)を行ったのだと考えられます。

カッピングはアスリートの中では広く利用されている治療法のようで

奥原希望選手意外にも使用している選手が結構いいるようです。

https://twitter.com/kikuchiseikotsu/status/1420911560508153860

こんな感じで、アメリカの水泳選手でもカッピングは利用しているようです。

しかし、見ている側からすると痛々しいイメージにはなってしまいますよね・・・

奥原希望の腕のあざ 【世間の声】

奥原希望選手の腕のあざ(カッピング治療後)について世間の人はどう感じているのでしょうか?

やはり皆さん、奥原希望選手の腕のあざが気になって仕方がなかったようですね!

カッピング治療を知っている方は何にも気に留めていないようでした。

これも、オリンピックに立つまでにどれだけの努力をしてきたのかということが

目で見てわかりますね。

まとめ

今回は、奥原希望の腕のあざは何?怪我DV病気が原因?ということで紹介・解説してきました。

奥原希望選手の腕のあざの原因は吸い玉(カッピング)という治療法が原因でできたアザだということがわかりましたね!

また、カッピングはアスリート(競技関係なく)幅広く利用されている治療法の一つであることもわかりました。

奥原選手は腕だけにものすごい数のカッピング跡ができていたのでかなりの練習を積んで腰痛などにも悩まされていたのだと考えられます。

東京オリンピックの結果は残念ながらベスト8となり、メダルには一歩届きませんでしたが

次のパリオリンピックではこの悔しさをバネにメダルを獲得してくれると思います。

期待していきましょう!

  • この記事を書いた人

たかたん

12月末までブラック企業で働くサラリーマン 日々気になるこを記事にしています。

© 2022 たかたんの日常 Powered by AFFINGER5