体験談

パソコンをずっとスリープ状態にしておくのはダメ?壊さないようにするには?

パソコン

パソコンをずっとスリープ状態で使っている人いるんじゃないでしょうか?

そもそもパソコンの電源を落とさずにずっと使い続けることはよい事なのでしょうか?

パソコンをスリープ状態ではなくシャットダウンさせないことで起きる問題はあるのでしょうか?

今回はそんなパソコンをずっとスリープ状態にしていることで起きる現象を紹介していきます。

パソコンをずっとスリープ状態にしておくのはダメ?

ネットの掲示板にこんな相談が寄せられていました。

パソコンは電源を切るのとスリープ状態にするのでは、どちらの方が負担が掛かるのでしょうか?

兄に「最近のパソコンは電源を切らずにスリープ状態にしておくものだ」と言われたのでそうしていましたが、ネットで「普通は電源を切るものだ」という意見があったので混乱しました。

「頻繁に起動を繰り返すとHDDに負担が掛かる」「起動のたびにドライブ類が大きな電力を消費する」という意見もあれば

「待機状態でもHDDが動いたままになるので壊れやすい」「寿命が短くなる」というのもあります。

一般的にはどうするものなのでしょうか…?

ヤフー知恵袋

補足

電源を切る条件として数時間ならというご意見と7時間以上ならという色々なご意見がありますが、少なくとも寝る前や出掛ける前は電源を切った方がよいという事でしょうか。

一日一回起動を繰り返すことは問題になりませんか?

また、2週間使わない場合は電源を落とした方がいいでしょうか。

長期間停止させた状態にするのはよくないでしょうか。

確かにどっちの意見も聞きますよね!

はたしてどちらが正解なのでしょうか?

壊さないようにするには?

そもそも、パソコンをずっとスリープ状態にしておくこととシャットダウンさせることとでは

パソコンに対する負荷が違います。

シャットダウンは電源の切り入れの時に大きな負荷がかかる

スリープ状態は小さな負荷をかけ続ける

というものです。

パソコンのパーツ類や使用状況によっても全く違ってきますが

使わない時間が1時間未満ならスリープ状態のほうが負担が小さいです。

それでも電源は切ったり再起動したりとうをしないとメモリが解放されないので

負担が大きくなっていきます。

電源管理などでも設定できますが、一定時間ディスクアクセスがなければHDDも止まってしまいます。

モーターは動き始めに大きな電力を必要とするので

一旦止まってしまうと再び動かすのに電力を大きく消費します。

そのため、スリープ状態もシャットダウンも

休止状態も一緒です。

ですが、スリープ状態はマザーボードとメモリは稼働状態で

CPUファンなどのファンも回転数を落とす場合があります。

なので、パソコン本体内部の温度が高くなる場合があります。

その場合、ダメージが蓄積されます。

基本的にはシャットダウンですが、比較的短時間席を外す場合はスリープ状態

数分から数十分ならほったらかしのほうがよいでしょう!

1日1回の起動は全く問題ないです!

短時間に何度も起動・終了を繰り返さない限り壊れる、性能が落ちるなどの問題は起きません!

補足

寝ている間ならスリープ状態でもシャットダウンでも大丈夫です!

ですが、外出する場合はシャットダウンのほうが良いですね!

2週間もパソコンを使わないのであれば確実にシャットダウンしましょう。

パソコンは待機電力が0.2W程度あります。

この電力がもったいないですよね(笑)

2週間近く使わないのであればコンセントを抜いておくほうがいいかもしれませんね。

シャットダウンしてもパソコンは微弱な電力を消費しています。

スリープ状態であれば2W~50Wほど使っています。

まとめ

今回はパソコンをずっとスリープ状態にしておくのはダメ?壊さないようにするには?ということで紹介してきました。

パソコンをずっとスリープ状態にしておきことはあまり良くないことがわかりましたね!

基本的には使い終わったらシャットダウンすることが原則です。

ですが、一日に何度も起動を繰り返すことはやめましょう!

パソコンは大事に使えば長い間使い続けることができます。

大切に使っていきましょう。

  • この記事を書いた人

たかたん

12月末までブラック企業で働くサラリーマン 日々気になるこを記事にしています。

© 2021 たかたんの日常 Powered by AFFINGER5