スポーツ 野球

斎藤佑樹がクビにならない理由がすごい!!戦力外通告は当分ないワケ

斎藤佑樹クビ

ハンカチ王子こと斎藤佑樹さんが戦力外通告(クビ)にならない理由がすごいと話題になっています。

なぜハンカチ王子こと斎藤佑樹さんは戦力外通告(クビ)にならないのでしょうか?

今回はそんなハンカチ王子こと斎藤佑樹さんが戦力外通告(クビ)を受けない理由について解説していきます。

斎藤佑樹がクビにならない理由

まず斎藤佑樹選手がクビにならない理由についてですが以下の理由があります。

  • グッズの売り上げが良い
  • 宣伝効果がある(強い影響力がある)
  • 可能性をあきらめていない
  • 日本ハムとの絆

一つ一つ解説していきましょう!

グッズの売り上げが良い

グッズ売り上げが良いということですが

選手成績としては目立った結果を出すことができていません

しかし、グッズの売り上げは主力選手以上の売り上げを出しています。

その斎藤については現状で二軍暮らしが大半であるにもかかわらず、

球団内からは実際のところ「さすがに大谷と中田の2トップには及ばないが、グッズの売り上げは他の主力クラスとそん色ないかそれ以上」との証言もある。

出典元:ITmedia ビジネスオンライン

なかなか、1軍に上がり結果を出せていない斎藤佑樹選手ですが

グッズの売り上げではかなり貢献しているようですね!

そのために球団側は斎藤佑樹選手をなかなか戦力外通告(クビ)にしないのだと考えられます。

しかし、直近では

  • 花巻東   大谷翔平
  • 早稲田実業 清宮幸太郎
  • 金足農業 吉田輝星

といった甲子園のスターたちが続々と入団しています

グッズの売り上げも落ちてきていることは間違いないでしょう。

宣伝効果がある(強い影響力がある)

斎藤佑樹選手と言えばだれもが1度は聞いたことのある名前だと思います。

その影響力が強いために

斎藤選手が1軍戦で登板するだけでニュースになったりします

結果はどうであれ斎藤佑樹選手が投げるというだけで

チケットは飛ぶように売れています。

斎藤佑樹選手について書かれた記事のコメントを見てみると、

  • 数時間経つだけでコメント数が3000~4000
  • コメントに対するいいね!の数も3万超え

といった内容で、どれだけ多くの一般人の方が注目しているかが分かります。

それだけ期待されているということで球団側はなかなか

戦力外通告(クビ)にしないと考えられます。

可能性をあきらめていない

斎藤佑樹選手の可能性をあきらめていないということも考えられます。

2006年の甲子園決勝では元メジャーリーガー楽天の田中将大投手と投げ合い

そして勝利し優勝を果たしました。

そんな田中将大投手に投げ勝っているからこそ斎藤佑樹選手を戦力外(クビ)にしていないという可能性は十分に考えられます。

また、2021年シーズンは田中将大投手と投げ合える可能性も十分にあります。

そのきっかけで覚醒することに球団側はかけているのではないでしょうか?

日本ハムとの絆

日本ハムとの絆は十分にあり得ます

というのもこのような球団側のツイートがされていました。

この『ファイターズを出されるなら辞めます』には並々ならぬ情熱を感じることができます。

日本ハム側も【斎藤佑樹】というネーミングでグッズ・チケットをたくさん販売してきました。

その売上額からもかなり貢献しているはずです。

このような関係性から球団側と斎藤佑樹選手には【強い絆】があり

どれだけ年棒を下げたとしても戦力外通告(クビ)」にはしないのだと考えられます。

SNSではこのように書かれていました

https://twitter.com/Xastronomy/status/1379360733687734273

なかなか厳しい意見が多数上がっていましたね・・・

いくら球団側との絆があってもファンは結果を求めているようですね

まとめ

今回は斎藤佑樹選手はなぜ戦力外通告(クビ)にならないのかについて解説してきました。

斎藤選手は何だかんだでグッズ・チケットの売り上げに貢献していたことがわかりましたね!!

このようなことから球団側は戦力外通告(クビ)にしないことが考えられます。

しかしファンの声は厳しく早く結果を出してほしいみたいですね

今年は楽天に田中将大投手が復活したので投げ合う姿を見たいファンも多いはずです

斎藤佑樹選手が活躍できるように応援していきましょう!!

  • この記事を書いた人

たかたん

12月末までブラック企業で働くサラリーマン 日々気になるこを記事にしています。

-スポーツ, 野球

© 2021 たかたんの日常 Powered by AFFINGER5