体験談

ブラック企業に勤める20代の離職率が高い理由

ブラック企業

ブラック企業に勤める20代の離職率が高い理由を、実際にブラック企業で勤務した私の体験を含めて紹介していきます

20代でブラック企業に勤めたことのある私のリアルな経験や体験に基づいて紹介していますので

20代でブラック企業を辞めたい、辞められない方はお見逃しなく!

まず前提として、勤めている会社がブラック企業だったら離職するのが普通だと思いますが

そもそもブラック企業とはどのような企業なのでしょうか?

ブラック企業とは? その特徴

  1. 残業時間が非常に多い
  2. サービス残業をさせられる
  3. 離職率が高い
  4. 毎年大量の新入社員を採用している
  5. 常時採用活動を行っている
  6. 精神論がまかり通っている
  7. ハラスメントが横行している
  8. 達成困難なノルマを課される
  9. 就業規則、賃金規程等のルールが整備されていない
  10. 辞めさせてくれない
  11. 深夜でも窓が明るい

などがあげられると思います

かくいう私もいま現在ブラック企業に勤めています笑

私の勤めている会社だと👆で例に挙げた『2,3,4,5,6,7』が日常茶飯事に行われていますね笑

なぜ辞めるの?

若者

最近の若者は、10年前と違い暇さえあればスマホを使ってどこからでもネットにアクセスしています

なので、少しでも条件がいい企業があれば『転職するのが当たり前』になってきているような気がします

数10年間とは違い、SNSや転職サイトといったコンテンツが充実していたり

また、退職代行サービスなどといったものも出てきておりかなり需要があるため

ストレスなく辞められることから若者の離職率が高くなっていると考えられます

頭がいいから

シンプルに辞めていく人ほど頭がいい傾向があります

と、いうのも就職したものの1年以上たっても採用された業務内容につかせてもらえなかったり

仕事の内容的に『将来性がないなぁ~』と感じて辞めていく

時間の無駄ですし、何よりも自分自身の成長ができないからやめていく人もいます

行動力がある人はこのような傾向があります

セクハラ、パワハラなど

セクハラ、パワハラなどのハラスメントが原因でやめていくこともあります

特に女性はセクハラにあう可能性が高いのではないでしょうか?

ハラスメントを日常茶飯事に行う上司やそれについて何も言わない組織はかなり昭和的です

このように日常茶飯事にハラスメントを行う上司のよく言うセリフは

『ワシの若いころは~』『これが常識だよ』

などなど

お前の若かった頃って何十年前だよ!!笑

って感じですが笑

本当に残念ですが、やりたくてついた職業なのにハラスメントが原因でやめてしまう確率は結構高いと思います

ストレス、うつ病

残念なことですが、まじめな人ほどストレスを抱え込みやすいです

そして抱え込みすぎて、キャパを越えるとうつ病になってしまい社旗復帰するまでにかなりの時間、労力を使うことになります

また最悪の場合、過労死、自殺などに追い込まれることもあります

このようにうつ病になるまで追い込んだ会社側は本当であれば責任を取らなければいけませんが

残念なことにブラック企業はその責任すら、社員に押し付けてくる傾向にあります

辞めない人

逆にブラック企業に勤めながら辞めない人も中にはいます

そのような人達はなぜ辞めないのでしょうか?

年配者

もう、すでに長年ブラック企業につとめており、給料も上がっていて辞めるにやめれない状況になっている

転職しようにも年を取っているからという理由で転職先がなかなか見つかれないし、採用枠がなかったりする可能性が高い

もし転職できたとしても、現在の収入よりもはるかに収入が低くなることに恐れて辞めない、いや、やめれない人もいます

洗脳されている

ブラック企業で働く若い人でも辞めない人も中にはいます

そのような人達が辞めない理由として考えられるのは

本当にやりたいことをしている

すでに洗脳されている

の2つが考えられます

ほとんどの人が②に含まれているのではないでしょうか?

上司や同僚に『転職してもどこも同じだよ?』『この会社なんてまだいいほうだよ』

なんてことも言われるので『そういうもんなんだ』といつの間にか信じ込んでいくうちに洗脳される

だから、辞めたくてもやめられない状態になっていく人が多い傾向にあります

『3年間は同じ企業に勤めなければならない』

なんてことを言ったりする人が中にはいますが

3年も勤めれば、十分に洗脳は完了してしまいます

まとめ

若者の離職率が高い傾向の背景にはどのような理由があるのかについて簡単に解説してきましたが

やはり1番の理由としてはSNSや転職サイト、退職代行などがネット上にあふれ好条件を出している企業が明確にわかるようになったからだと感じています

いま現在、ブラック企業に勤めていて会社を辞めようと思っている人、辞めたい人は明確な目的がない限りすぐにやめましょう!!

グズグズしている間にもあなたは洗脳されています

気づいたときには洗脳が完了していて、下手をするとハラスメントをされる側からする側に変わってしまうかもしれません

自分の身を守れるのは自分だけです

ブラック企業に勤めている人たちは全員で辞めてボイコットしましょう

そうすればブラック企業の社長もさすがに気づくでしょうし

『今やめられては困る』と言われたときは

社員が辞めてしまうようなブラック経営をしていた経営陣の責任なのにその

『責任を社員に押し付けないでください』

といいましょう笑

なかなか難しいとは思いますが...

ですが、このくらいのことをやらないとブラック企業はなくなっていかないと思います

サイト運営者の私は、このような事を言って今年の12月に退職します

  • この記事を書いた人

たかたん

12月末までブラック企業で働くサラリーマン ビジネスに使える基礎知識を主に紹介しています

-体験談

© 2021 たかたんの日常 Powered by AFFINGER5